システム概要

  • 主に薬局薬店向けのソフトです。
  • 自動発注システムでは、JAN単品ごとに帳合を設定することから仕入れ先マスターの設定が必要であり、仕入先マスターとして管理されています。
  • 自動発注システムとは、JAN及びカテゴリーごとに、自動発注対象と発注基準数を設定し、自動発注ロジックより自動計算する仕組みより商品アイテム(JAN)毎に単品管理されており、JANごとの販売数が集計でき、売れ筋商品の把握、また、品揃え、棚割の反映へ繋がります。

※1100社様へ納入実績のある弊社「発注システム」を基に、自動発注機能を加えた改良版です。

システム内容

[システムの特徴]
  • 本部にて設定し、各店舗へ送り込む。
  • 「新規登録されるJANコード」については、自動発注対象商品として自動発注基準数「1」で自動的に登録となる。
  • 本部はアップロード及びJANコード入力、店舗はHT及びJANコード手入力にて登録が可能である。但し、同じJANコードの登録をした場合、登録時間が後のものを優先して更新する。また、発注基準数が「0」の場合は自動発注対象外となる。
  • 店舗毎、部門毎、自動発注除外部門の登録が可能である。

※店舗ごとに自動発注対象外部門を登録できるようにし、登録のある部門に属するJANコードはすべて自動発注対象外となる。

[発注ロジック]
目的

対顧客の時間の増加、生産性向上

考え方

売上基準、売上数量の積み上げ方式

仕組み

前回の発注送信から設定した販売数量まで積みあがったら指定した発注数のデータが飛ぶ。